本土寺…あぢさい寺
本土寺は1277年に日蓮大聖人よりその名を授かったのに始まる歴史のある寺です。起伏の多い北小金駅を出て少し歩くと参道にかかり、松や杉の並木を通り抜けると朱塗りの門(赤門)に至ります。「あぢさい寺」と言われるほど見事なあじさいですが、もみじも素晴らしく、秋も楽しみな寺です。 場所:千葉県松戸市平賀63番地公式ホームページ
連絡先:047-346-2121
交通:JR常磐線 北小金駅北口下車徒歩11分
拝観時間 8:00〜16:30
拝観料 大人500円
料金を支払い中に入るとすぐに目に入るのが五重塔。 順路に従い、あじさいの小路が延々続きます。

あいにく(?)の晴天にもかかわらず昨日がかなりの雨だったせいか、あじさいも元気です。色とりどりのあじさいですが、どれも淡い色彩で和みます。 ご覧の通り、満開です。早咲きのものなのか、枯れかかっているものもありました。

寺を囲むようにあじさい畑が広がるのですが、丘陵に建てられているため、起伏にとんだ光景となっています。 たぶん人口と思われる滝から流れる水が池をつくっています。

その池の様子。この池ばかりではありませんが、もみじが素晴らしい。 トンボとあじさい 奥には菖蒲畑があります。この菖蒲畑も中々見事。

あじさい色々

Herbのトップに戻る