筑西市明野ひまわりの里
茨城県明野町は、平成16年に下館市・関城町・協和町と合併し、筑西市となりました。「ひまわりの里」は、従来から旧明野町の観光名所として知られています。「宮山ふるさとふれあい公園」に隣接する畑を使い、約80万本の八重咲きひまわりが植えられ、毎年8月下旬には「ひまわりフェスティバル」が開催されます。 場所:茨城県明野町宮山504
連絡先:0296−52−1111
交通:常磐道土浦北ICより約30分
開園:常時(開花季節のみ)
料金:無料(駐車も無料)
畑一面にひまわりが広がります。奥に見えるのが茨城県を代表する「筑波山」。筑西市はまさに筑波山のお膝元です。車でもすぐ筑波山に登ることが出来ます。

このように、ほとんどが八重咲きです。種は取れないのかな? 露出が暴れたか、色合いが異なっていますが、みんな色合いは一緒です。 「明野」と言えば、山梨県北杜市明野のひまわりが有名ですが、全く別。

山梨県北杜市明野のひまわり畑の方が、さすがに規模は大きいですね。それでも、八重の中に所々ぽつんと一重(?)のひまわりが咲く光景は独特です。

それではごゆっくりひまわりをお楽しみ下さい。








こちらは、世界のひまわりが植えられているコーナー。薄黄色や、濃い黄色のひまわりでした。



百日草の畑もありました。


百日草畑と奥のひまわり畑。 このひまわりが枯れ、種がなる頃には秋になるのでしょうか。

Herbのトップに戻る