Santolina(サントリナ)

南ヨーロッパを原産地とする、キク科の木本です。
サンゴに似た細長い丸みのある緑色の葉が特徴です。中には灰緑色のものもあります。
ハーブガーデンの縁取りに好んで用いられます。土質は選ばないが、日当たりが良いところが良く育ちます。寒さにはやや弱い方のようです。
葉や茎を乾燥させると防虫効果もあるようです。
santrina Santolina Green
(グリーン・サントリナ)

松の木のような針葉樹(?)です。

うちのは、冬場も丈夫に耐え抜きました。

春には鮮やかな緑色の葉が顔を出し、黄色いボタンのような花が咲きます。

若葉にはどんな栄養があるのか、アブラムシがよってきています。


Herbのトップに戻る