Thyme

地中海地方原産のシソ科の多年草です。地面を這って密集するタイプと直立して密生するタイプがあります。ハーブガーデンにいくと、タイムが密生して芝生の様になっているのを見掛けます。
小さく、光沢がある緑色の葉には独特の芳香があります。葉は、あらゆる料理に利用でき、肉料理では肉の臭みを消し、コクと風味を加えます。ティーにすれば口臭、低血圧、花粉症(ホント?)などの改善に効果あるほか、脂っこい料理の後に飲めば消化を助けるとか。
育てるときは、日当たりと風通しがよいところで。挿し木、株分けなどで比較的簡単に増やせます。暑さ、寒さにも比較的強く育てやすいです。ただし、多湿には弱い。
Common Thyme
(コモンタイム)

匍匐型です。種から育てていますが(おかめ納豆じゃない)、発芽率は高い。

発芽後半年位すると枝が木質化してきます。冬の寒い時期にも強い方です。

Lemon Thyme
(レモンタイム)

こちらは半匍匐型です。

葉にはレモンの香りが漂います。と言いたい所ですが、内のは最近普通のタイムの香りになって来てしまって。(^^;

4月には開花し、淡いピンクの花が密集して咲き競ります。

次はディルです。