Yarrow(ヤロウ)
イギリスなど、ヨーロッパ原産のキク科の多年草。葉はのこぎりの葉のようなので、「西洋のこぎり草」ともいわれます。鑑賞用として、イングリッシュガーデンには欠かせません。
学名は「アクレア」と言って、古代ギリシャ神話のトロイ戦争の英雄アキレスにちなんでいるのだとか。アキレスは、賢人カイローンからヤロウの使い方を教えられ、部下の治療にヤロウを使ったのです。ヤロウにはしゅうれんせいと止血性があります。ドライフラワーとして利用する他、下痢止め、発熱、風邪の薬として煎じて飲んだりすることもあるようです。他にも、虚弱体質、食欲増進、強壮剤としての効果も高く、又、髪の毛にもよく、ヘアリンス、シャンプーにも使われるとのこと。
Red Yarrow
栽培は容易で、手入れをしなくても地下径が伸びてあちこちからどんどん育ちます。水がきれるとしなりますので、そうしたらたっぷりと水をやりましょう。また、株分けをすれば簡単に増やすこともできます。

我が家のレッドヤロウは、購入後4年くらい経ってようやく開花しました。(2002年7月)

次は、ヒソップです。