水前寺成趣園
約360年前、細川家三代忠利公が建てた御茶屋が起源となるのがこの水前寺成趣園です。阿蘇の伏流と言われる湧き水でできた池を囲むように構成された日本庭園が見事な庭園です。熊本市内にあり、市内の喧噪を忘れるような落ち着いた佇まいが魅力ですね。 場所:熊本市水前寺公園8番1号
連絡先:096-383-0074
交通:熊本市電「水前寺公園」下車すぐ
開園:AM7:30〜PM6:00
料金:400円

おみやげ屋さんが並ぶ参道を進むと入り口が見えてきます。 園内の様子。池は水質も良く、コイがとてもよく見えます。

紅葉はまだこれからか。 回るうちに日が暮れてきて、水面に夕日が映るようになってきました。 カモメの木。果たして、なぜカモメの木なのか。と思ったら、この木、カモメが飛んでいるような姿してますね。

富士を模した山のようです。右は富士に並ぶ山々。成趣園十景と言うようです。 古今伝授之間。重要文化財です。元々は京都御所にあったのだとか。

Herbのトップに戻る