ローズヒルあまがせ(天瀬町農業公園)
天瀬温泉に宿泊した際、女将さんのお薦めで参加したのが「ミステリーツアー」という、夜間のミニバスツアーでした。ミステリーとは言ってもどこへ行くかは教えて貰っていたんですけど。で、向かったのがここローズヒルあまがせ。バラ園をライトアップという企画なのでした。 場所:大分県日田郡天瀬町大字五馬市2384−3
連絡先:0973−57−8187
交通:JR天ヶ瀬駅より車で約20分
開園:AM9:00〜PM5:00
料金:300円

旅館から乗ったのがレトロ調の「あまがせ花バス号」。旅館を出て約30分。到着したのは夜8時半になっていました。駐車場からローズ園に向かう通路はこのようにロウソクでライトアップ。神秘的な演出にまず感動です。屋内式のローズ園に入った私たちを迎えてくれたのはこのツルバラライトアップ。素晴らしい!

ゆっくり回りたかったのですが、鑑賞時間は20分のみとのこと(ToT)。 珍しい緑のバラというのですが、一体花弁はどこなのだ? それにしてもバラ園のライトアップというのは初めてです。

どれもこれも素晴らしいバラばかりでうっとり。。。とも言ってられないのです。何せ時間がない!

しかしここのバラはどれも手入れが行き届いている!屋内と言うこともあるんでしょうけど、どの花も満開。枯れたような花は皆摘み取ったのか、見かけませんでした。

様々な品種があったのですが、生憎時間が無くて記録に残せませんでした。残念!

係の人が参加したお客さんに丁寧に解説をしてくれたのですが、私の方はそれも無視してもっぱら撮影にいそしんでいました。だって時間がないんだもん!

しかし、ライトアップされたバラがこんなに美しいとは。。。

ローズヒルあまがせは、ローズ園の他、貸し農園や貸しログハウス、歴史民俗資料館、「花のえき」と呼ばれる食事も出来るおみやげ屋さんなどで構成されています。

今回のような企画をいつもやっているかどうかは分かりませんので、行かれる際は是非一度お問い合わせしてみて下さい。

と言う訳で20分はあっという間に過ぎていきました。旅館を出て、時代を遡るようなバスに乗り、街を離れ、暗闇の中、山を登り、何も見えない曲がりくねった道を上り詰めた先にたどり着いた別世界のようなローズ園。行く先は分かっていたのに、終わってみればやはりミステリーな企画に大大満足でした。

Herbのトップに戻る