ジャパンフラワーフェスティバル2007
花と緑の田園都市を自負する埼玉県が主催する花のフェスティバルが、さいたまスーパーアリーナで開催されたので行ってみました。 場所:さいたまスーパーアリーナ
連絡先:048-830-4153
交通:JRさいたま新都心駅下車5分
開園:AM9:00〜PM7:00
料金:1500円
さいたまスーパーアリーナに入ると展示品がぎっしり詰まった会場が目に入ってきました。数多くの自治体や企業が参加し、出品しています。

私の元地元鴻巣。鴻巣と言えばひな人形です。 鴻巣に併合された元吹上を代表するコスモスで作られた「こうのす」の字。

会場中央にあった、巨大な花壇。終わったら取り壊されてしまうんでしょうか。勿体ないですね(^^;。

煙のような、不思議な花。とても珍しいものなのだと言うことを係の人が大声で力説していました。 これ又巨大なユリの花壇。一体何株あるのやら。

香川県出品「初夏のさぬき路」 (有)花の進花園出品「彩生」(サイセイ)

日本フラワーデザイナー協会「四季の風」 日本花き卸売市場協会「天使の舞い降りる庭」

川口・安行「植木の里」 さいたま市は各区を色の異なる花で形作り、市の地図を作っていました。

山梨県「風林火山」 中央の菱形はバラで作られている、まさに「花菱」ですね。

カルミア ヨイノホシ

ラベンダー花壇。


桶川名産のベニバナ。

サカタのタネが出品する「カンパヌラ」。


アルストロメリア M-ビンテージジェラート(バラ)

クリサンテムム(キク科)

個人の方が出品した「ドルチェ・ヴィタ」

マイ・ルージュ(バラ)

ボス(バラ) ブルースカイ(バラ)

とまあもの凄い数の出展で、とても紹介し切れませんが、日本中から集められた花と、花を題材にした芸術的な作品を堪能することが出来ました。

Herbのトップに戻る