川口安行庵
安行は元々造園業の盛んな地域なのですが、今は住宅地化しています。その中の一角で、中山さんとおっしゃる方がバラ園を維持管理されています。それが「安行庵」なのです。古くは夏目漱石もここを訪れたことがあるようで、漱石の詠んだ句が刻まれた石碑もあります。 場所:川口市安行吉蔵306
交通:川口市緑化センター駐車場より徒歩約10分
開園:常時(バラの時期のみ)
料金:無料
私道の奥のようなわかりにくいところに安行庵入り口はあります。入り口をくぐると目の前にバラが飛び込んできます。住宅地とバラ園のコントラストが、見るものに感動を与えるような気がします。「わあ、綺麗」という声が何度か聞かれました。

休憩用のテーブル、椅子などが置かれ、のんびりバラを観賞できるようになっています。とても個人の方が無料で維持しているとは思えません。

バラの種類も多様。バラ園で良くあるような品種を示すボードは無いのですが、その方がより自然とも言えます。

バラは満開でしたが、1週間前に来るのがベストだったかも。

当日は快晴で、バラや緑がとても綺麗でした。バラ以外にも色んな花が咲き出していました。



一見人がいないように見えますが、結構来ているのです。人がいないすきを狙って写しています。


奥の建物は中山さんのご自宅ではありません。1階は休憩スペース。2階はカフェのようです。賑やかな話し声が聞こえたので、入りませんでしたが。

周辺は様々なバラの香りが漂い、癒されました。時間が経つのを忘れる、こうしたひとときはかけがえのないものです。無料なのが申し訳ないです。



このように広々とした庭園もあります。他に和風庭園もありました。維持管理が大変だと思います。




敷地内には蔵もありました。歴史のあるお宅なんでしょうね。




Herbのトップに戻る