の街、川口市

私の地元、埼玉県川口市は映画「キューポラのある街」の舞台として有名で、鋳物の町として知られます。そのせいか、どことなく町のイメージにも「鋳物」「煙突」「煙」といった重苦しい雰囲気が漂いがちです。
ところがどっこい、驚くなかれ、川口市のもう一つの特徴は、「緑の街」「花の街」として自然を大切にする街であることなのです。
では、川口を彩るさまざまな花や緑を紹介していきましょう。

No.9 安行庵 2013年5月
No.8 見沼用水バラ園 2011年6月
No.7 興禅院 2010年10月
No.6 菜の花畑(再掲) 2008年4月
No.5 コスモス畑(荒川土手) 2007年10月
No.4 赤堀用水沿斜面林ふるさとの森
(イチリンソウ自生地)
2006年5月
No.3 埼玉県花と緑の振興センター 2003年5月
No.2 川口グリーンセンター 2003年5月
No.1 菜の花畑(荒川土手) 2001年4月