2009年 桜めぐり


引き続き、翌週は「多摩湖自転車道」を軸に、東京都下の桜めぐりをしてみました。

武蔵境駅を10時前に出て、「多摩湖自転車道」を目指しました。地図を持ってでなかったため、思った以上に道が分からず、回り道をしてしまったのですが、そのおかげでこんなに綺麗な桜に出会えました。
これは又別の所で枝垂れ桜。
途中通りかかった「古瀬公園」という所の桜。何種類もの桜がありました。ソメイヨシノは終盤です。
黄色い桜が満開でした。隣地に「松露庵」という日本庭園があり、そこの桜も大きかったのですが、ソメイヨシノでほとんど散ってしまっていました。
更に先へ進むと再び枝垂れ桜を発見。この地域は枝垂れ桜が多いです。
30分ほど歩いてようやく多摩湖自転車道に到着しました。ここからが本番です。
多摩湖自転車道は花小金井で西武線と並行となり、その後西武線に沿ってほぼ並行にまっすぐ進む自転車道です。ゴールは多摩湖になります。全行程アスファルトですが、人通りもまばらでゆっくり周りの景色を楽しみながらマイペースで歩くことが(当然自転車で進むことも)できます。
色の濃い桜も。
途中、このように堤防のようになっているところもありました。
桜はあいにく満開の時期を過ぎていましたが、木漏れ日が綺麗ですよね。
こちらはやはり枝垂れ桜。民家の方がお持ちのようで、写真を撮っていたら、話しかけてくれました。
真っ赤な花を咲かせるものも。
花はこのように桜とは異なる形なのですが、これも桜でしょうか。
更に進みます。どこまでもどこまでも、直線に道は進みます。天気も良く、散歩をする人や、ランニングをする人、サイクリングをする人が時折通りかかります。皆さん気ままな感じが良いですね。
桜はびっしりという感じではないですが、絶えずどこかに見える程度に植えられています。
これは八重桜でしょうか。
チューリップや木蓮なども添えられて、賑やかですね。個人の人が管理しているのでしょうか。
一つの花が白とピンクの花弁で出来ています。これは変わってますね。
並行する西武線は小平から西武多摩湖線に分岐します。
右側が西武線の線路。桜はこのように満開となっているものや、葉桜化したものやまちまちでした。
この桜は葉も伸びていますが、花も満開。ソメイヨシノではないんでしょうね。
途中、何件か美味しそうなうどん屋さんを見つけたのですが、どこも混んでいて待ちそうだったのでスルーし、昼食は結局牛丼の松屋でした。
同じような景色が続きますが、ご勘弁を(^^;。
地面はこのように桜の花びらが敷き詰められていました。こうして土に帰るんですね。
線路をまたぐ歩道橋の上から。こういう時に限って電車が来ないものなのです。
枝垂れ桜とムラサキハナナ。
八坂を超えたところで西武国分寺線と交差します。
桜吹雪の様子。どの花びらにもピントは合ってませんが(^^;。
こうして3時間半ほど歩いてようやく午後2時頃多摩湖に到着しました。
多摩湖の様子。
彼方に西武球場が見えます。あそこはもう埼玉です。
多摩湖の下も桜並木になっていました。西武遊園地の観覧車が見えます。
西武遊園地と桜。
帰りは東村山まで歩くことも考えたのですが、4時から用事があったので、西武遊園地駅から帰ることにしました。西武遊園地駅の前には大きな八重桜がありました。
最後に綺麗な桜が見られて良かったです。
おまけ・板橋区板橋高校前の桜並木
仕事で通りかかったのですが、満開の桜が500メートル位続いていました。
左側が板橋高校。背丈の高い桜でした。

Herbのトップに戻る