足利フラワーパーク

住所:栃木県足利市迫間町607
пF0284-91-4939

開園:4〜6月は年中無休
    7月〜3月は毎週木曜日休日
時間:AM9時〜PM6時
入園料:500円〜1000円
(花の咲き具合により違います)
交通:東北自動車道佐野藤岡インターより約20分
足利フラワーパークは東京ドーム5個分(7個分だったかな)の広大な敷地に様々な花々が咲き誇る庭園です。中でも、なんと言っても見所は4月〜5月に一斉開花する藤です。樹齢130年以上の藤が4本、70年以上の藤が160本もあり、見事の一言です。その他にも、つつじ、アジサイ、花菖蒲、古代蓮、ヒメノカンゾウなどが季節に応じて主役を演じるようです。ハーブガーデンもありました。
食事はバーベキューがグー。ジンギスカンや札幌生ビールが味わえます。
好天、ゴールデンウイーク中、かつ藤が満開で一年を通しても今が一番の見所ということもあって、当日は観光客で大賑わいでした。
大藤の全景、と行きたい所だったのですが、あまりの大きさにカメラには収まりきりません! 説明文より「大藤(野田の長藤):世界にも類をみない幹周り3.6メートルの美しい樹体を持つ長藤。160センチもの長い花房を250畳もの棚一杯につける。」とのこと。「250畳」にただただビックリ!

ぶどうのような花房を持つ八重藤
説明文より「八重黒龍:大変珍しい八重の藤。八重の藤棚としては日本一を誇る。香りがよく花をポプリとしても使う」
その八重藤の花房をアップ。
ご覧のとおりぶどうのようです。

次へ