野木のひまわり
場所:栃木県野木町大字野木
交通:JR宇都宮線野木駅下車 徒歩約30分 or東北自動車道加須インター下車R125〜R4約1時間
問合せ先:0280-57-4153 (野木町観光協会)
栃木県のほぼ南端にある野木町は、ひまわりの町です。元々は食用のひまわり油を生産するために植えていたひまわりが、緑と太陽の町のイメージに合うということで、昭和52年に町の花に指定されました。梅雨が明けますと、約3ヘクタールのひまわり畑に15万本のひまわりが一面に広がり、町のお祭り「ひまわりフェスティバル」が開催されます。今年は7月20〜24日にかけて開催されました。期間中はひまわり大迷路・物産展・ゲーム大会・キャラクターショー・打ち上げ花火などで大いに盛り上がるようです。
私が行ったのは初日の20日(土曜日)。真昼間から歌謡ショー(全く聞いたことのない歌手でした)、サンバ大会(本国の人が来て踊ってました)などで大いに盛り上がっていました。
ひまわり大迷路の様子。とにかくだだっ広いのです。 直前の台風6号によってなぎ倒されているものもありました。なんとも無残。
日差しをいっぱいに浴びるひまわりたち。
ひまわりは、実は太陽を追わないという話は有名ですが、ご覧のとおり、太陽のほうを向いているものや、背を向けるもの、みんな気ままに咲いていました。 どの花にも蜂が群がり、大忙し。写真を撮る人など気にもかけない様子。
ムーランルージュという種。色っぽい雰囲気ありますね確かに。 こちらはマホガニーベルベット。 おまけ。ひまわり畑のそばで咲いていたレッドヤロー。


Herbのトップに戻る