日比谷公園
日比谷公園は、陸軍の練兵場だった場所を近代的な都市公園として整備の上、1903年に日本初の「洋式庭園」として開園しました。園内には大噴水の他、二つの池、二つの大花壇、梅林、ツツジの山、日本庭園など変化に富んでいます。 場所:東京都千代田区日比谷公園1-6公式ホームページ
連絡先:03−3501-6428
交通:地下鉄「霞ヶ関」下車 徒歩2分 
JR「有楽町」下車 徒歩8分
開園:常時

ニュースの天気コーナーなどでも全国的におなじみの日比谷公園ですが、こうしてカメラを持ってゆっくり回るのは初めてでした。写真は「心字池」。 小音楽堂前の広場と大噴水

チューリップ畑。あちこちで満開の季節を迎えていました。

第二花壇にある大時計。この花壇の芝生は立ち入り禁止です。 雲形池とシャガ畑

公園内のレストラン脇にある「首かけいちょう」と言われるいちょうの木。

ポピー畑 ラベンダー畑。フレンチ系です。 ハナミズキ

クサノオウ ムラサキカタバミ シレン

バラ園

Herbのトップに戻る