三宅坂…彼岸花自生地
最高裁判所前に広がる三宅坂の内堀には、お彼岸の時期になると赤や白の彼岸花が咲きます。彼岸花を探しながら、皇居をぐるっと回るのも楽しいですね。 場所:千代田区隼町一帯
連絡先:なし
交通:東京メトロ永田町駅下車約10分
開園:常時
料金:無料
三宅坂交差点。真正面に見えるのは最高裁判所。 最高裁前のモニュメント。 内堀の中を覗けばこのように彼岸花があちこちに咲いています。

とは言っても密集しているのではなく、点在しているという感じ。 中には白いのもチラホラ。 木陰を探すかのように咲いているのが面白いですね。

彼岸花にはやはり日差しより木陰が似合う。 時期的にはピークですが、派手さはありません。 野草もあちこちで見かけました。

こちらは半蔵門。三宅坂から2〜300メートルのところにあります。 半蔵門近くにも彼岸花。と言うかこちらの方が多いです。

特別史跡「江戸城跡」という石碑がありました。 半蔵門近辺より三宅坂方面。 お堀をグルーっと回って東御苑の庭園に入りましたらこちらにも彼岸花が咲いていました。

Herbのトップに戻る