国立科学博物館附属自然教育園
本園は元々、約500年前に豪族の館だった場所が大正時代に御料地となり、昭和24年に自然教育園として一般公開されるようになりました。起伏に富んだ巨大な公園ですが、公開されているのは全体の2/3程度のようです。 場所:東京都港区白金台5−21−5
連絡先:03−3441−7176
交通:南北線白金台駅下車約5分
開園:AM9:00〜PM4:00
料金:210円

園内に入るとすぐに樹木道になります。道際には様々な野草が生えています。 あかがしの巨木。 ひょうたん池。季節柄、何もありません。

しょうじょうばかま 大蛇(おろち)の松。樹齢約300年。 ふきのとう

ユキワリイチゲ カタクリ。都心でも見ることが出来るんですね。

あかしで うぐいすかぐら くろもじ
きくさきいちげ せんとうそう ふっきそう

Herbのトップに戻る