駒込 六義園
六義園は、元々は加賀藩の中屋敷であった場所に、かの柳沢吉保が下屋敷として拝領し、築園しました。明治時代に入り三菱創設者である岩崎弥太郎の別邸になったこともあるようです。一見厳重そうな塀はそのせいでしょうか。現在は国の特別名勝にも指定されています。池を中心とした園路を回りながら移り変わる景色を楽しむことができる、とても風情のある公園です。 場所:東京都文京区本駒込6-16-3公式ホームページ
п@03-3941-2222
交通:JR山手線駒込駅から徒歩7分。
開園時間:AM9:00〜PM5:00
入園料:300円。

写真は正門の風景。

こちらが反対側の「染井門」。桜の時期だけあけられるのだとか。
駒込から歩いてきますとまずこの染井門に到着します。
「染井」といえばソメイヨシノなわけですが、駒込近辺にソメイヨシノ発祥の地「染井村」があったといわれます。

園内の「藤代峠」頂上からの眺望。
園内全景を見渡すことができます。写真は後楽園方面を望む風景。都心の静寂。。。といいたいところなのですが、カラスがたくさんいて「カーカー」とにぎやかでした。

公園をゆっくり回ると一時間くらいかかるようです。

ほぼ咲き終わった椿ですが、一輪だけきれいな花がありましたので撮影しました。
休憩所「吟花亭」付近。新緑がとても美しかったです。

六義園の桜

Herbのトップに戻る