高幡不動尊
1100年の歴史を有し、東京都下を代表する寺である高幡不動尊(金剛寺)にはあじさいが自生する森があり、梅雨時に入るとあじさいが満開となります。 場所:東京都日野市高幡733
連絡先:042−591−0032
交通:京王線高幡不動駅下車徒歩5分
開園:常時
料金:無料
入り口。ちょうどあじさい祭り開催中でした。 入ると間もなく目に入るのは多摩の英雄土方歳三の銅像です。

ここのあじさいは山あじさいで、とても種類が多いのが特徴です。

いつもなら天気の悪さを嘆くところですが、やはりあじさいには曇りが合います。あじさいの淡い色合いが心を和ませます。

かつてこの地には「高幡城」という城があったようで、山の形が残っています。一帯は森のようになっていて、斜面にはご覧の通り、覆い被さるようにあじさいが花を付けています。

↑のようなオーソドックスな種類はむしろ少ない方。様々な山あじさいをお楽しみ下さい。



敷地内には五重塔もあります。

駅から高幡不動尊に至る参道には参拝客が集まるおそば屋さんがあって、観光客気分が味わえました。


Herbのトップに戻る