多摩川台公園
東横線が多摩川を渡る直前に位置する多摩川駅前に多摩川台公園があります。「台」という名前が示すとおり、高台に有り、かつては古墳や浄水場があった場所のようです。古墳は現在も残されており、合計10個の古墳を今でも見ることが出来ます。 場所:大田区田園調布一丁目63番1号
連絡先:03-3726-4300
交通:東急東横線多摩川線多摩川駅下車徒歩1分
開園:常時
料金:無料
入り口の様子。急階段に沿って、あじさいが花を咲かせていました。

当日はどこかの絵画クラブの集まりがあったようで、絵を描いている人が随分いました。そんな作業も覗き(^^;つつ、あじさいを観賞しました。

徐々に坂を登っていきます。写真屋や右上方にある塔状の建物を描く人が多かったです。

あじさいはやや終盤。当日はほぼ快晴で、あじさいもくたびれ気味です。

種類はそれほど多くなく、ガクアジサイが所々混じる程度。色もブルー系が多いです。

坂を登り切ると、広場全体が又あじさい園になっています。

一面に広がるあじさい。

多摩川駅自体が小さな駅で、地元が(高級)住宅地と言うこともありますが、公園も静けさに包まれており、ゆっくりとあじさい鑑賞をすることが出来ました。

地元には食事が出来る店が少ないこともあってか、弁当を開いている人が多かったです。ここに来るなら、弁当は持ってきた方が良いかも。

その際も、ゴミは持ち帰りましょう(^^;。




見晴台のようなところですが、あいにく木が茂っていて、多摩川方面の眺望はほぼゼロ。

蒸し暑い日でしたが、公園全体が大きな木で覆われているため、木陰であじさい巡りをすることが出来るだけ良かったです。

ぎらぎらした日差しはあじさいには似合いませんから。


奥の階段を下っていきます。ここも階段沿いにあじさいが咲いています。



公園を登り切った中央部には池が有りました。かつて浄水場であった名残なのかも知れません。菖蒲とかは無かったですが、ザリガニがいるようで、子供達がザリガニ釣りをしていました。




高台を回るような遊歩道が整備されており、公園全体をグルッと回ることが出来ます。

公園を回りながら、階段を登ったり降りたりすることになりますので、結構いい運動になるかも。


裏手にあった公園のプレート。 なぜか鯉の像が。



あじさいと東横線。



Herbのトップに戻る