殿ヶ谷戸庭園
国分寺駅のすぐ、近くかつて「殿ヶ谷戸」と呼ばれた丘陵地にあるのが「殿ヶ谷戸庭園」です。変化に富み、斜面の多い敷地には様々な樹木や野草が植えられ、武蔵野の原風景を楽しむことが出来ます。 場所:国分寺市南町二丁目
連絡先:042-324-7991
交通:JR中央線、西武線「国分寺」下車 徒歩2分
開園:AM9:00〜PM5:00
料金:150円

入り口。 料金を支払い、中にはいるとすぐに目にはいるのが広々とした庭園です。

園内を進むと斜面を下り「次郎弁天池」と言う池が見えてきます。写真の中央が湧き水になっていて、そこから湧き出た水がたまった池のようです。右写真に見えるように、竹林も茂っています。

園内に咲いていたナデシコとアワコガネギク。野草園もあって、季節によっては色々な花を楽しむことが出来そうです。

紅葉スライドショー

Herbのトップに戻る