上野東照宮ぼたん苑(冬ぼたん)
上野駅公園口を出て約5分、上野動物園の脇に、家康の遺志により作られたと言われる上野東照宮があります。その東照宮脇に広がる庭園がぼたん苑で、毎年1〜2月に冬ぼたん、4〜5月にはぼたんが公開されています。 場所:台東区上野公園9丁目88番地
連絡先:03-3822-3575
交通:JR上野駅公園口より徒歩約5分
料金:600円
開園:AM9:30〜PM4:30
ぼたん苑入り口、と言うか正確には東照宮入り口。 苑内には、約40種、600本程度のぼたんが植えられています。雪よけのワラ囲いが施された姿は、日本ならではの風情と言えます。

2週間前には約10センチと記録的な大雪が降り、まさにワラ囲い大活躍だったと思うのですが、ほとんど雪は溶け、その風情はなくなっていました。

色々な模様や色の品種があるんですが、それらの名前が分からないのが残念です。


右写真は、日陰にあっただけあり、雪がそこそこ残っていました。わら囲いの上に残ってないといけないのですが。

このように傘を差したぼたんもあります。こういう発想は、外国にないだろうな。

真ん中と右写真は五重塔をバックに。葉が増えると五重塔も見えなくなりそうですね。

ロウバイが咲き始めていました。私もいよいよ冬眠から醒め、1年の花巡りが開始です。

Herbのトップに戻る