谷端川緑道・谷端川親水公園
谷端川緑道は、かつてこの地に流れていた谷端川が暗渠化されたのを受け、その上を緑道化させたものです。緑道の下には今でも水路が流れているようで、北は滝野川方面の石神井川まで続いているようです。 場所:豊島区池袋本町〜豊島区池袋
連絡先:特になし
交通:東武東上線下板橋駅下車すぐ
開園:常時
料金:無料
下板橋駅を出ると間もなく緑道が始まります。この付近は豊島区池袋本町。と言うか、この緑道が区界のようで、正確には板橋区板橋2丁目かも知れません。

緑道は良く整備されており、花壇もしっかり管理されています。どうやら地元の人が手入れをしているようです。歩く内に板橋区熊野町に入ります。

季節柄、ツツジも咲いています。しかし何と言ってもここの名物は、バラのトンネルなのです。

野草も幾つか、顔を出していました。

しばし喧噪を離れ、静かな時間が過ぎていきますが、、、


じきに川越街道に遭遇し、喧噪が戻ってきます。歩道橋を渡り、豊島区池袋へ。ここからはバラ花壇の多い地域になります。ちなみに川越街道までが谷端川北緑道。川越街道を渡ると谷端川南緑道になります。

バラがグンと増え、歩くテンポもゆっくりとなっていきます。


たまたま地元のおばあちゃんと話をすることが出来たのですが、かつてここが川だった頃は、、池袋で飲んだくれたおじさんが良く川に落ちたのだとか。

池袋にはいると、これまでの下町の雰囲気が徐々に薄れ、整然とした建物が増えていきます。

池袋駅西口から続く乱歩通り(かつてこの付近に江戸川乱歩の自宅があったようです)を渡ります。渡ってすぐのところにあるのが谷端川親水公園。

ここまで来ると、ゴールはもうすぐ。バラのトンネルは続きます。




右画像が椎名町に近いゴール付近の様子。散歩にはもってこいのコースですね。あ、そうそう、地元の方によると、この辺は痴漢の名所にもなっているとか。女性の一人歩きは禁物のようです。

Herbのトップに戻る