名古屋〜南紀の旅

Part1:8月21日《名古屋》

35年ぶりの万博。今回の後は100年はやらないという話もあって、8月の内に行っておかないとな、と言うことで、前々から行きたかった熊野巡りも絡めて欲張りな旅に挑みました。あいにくの台風には見舞われましたが。。

8月21日、午前10時12分東京発の新幹線に乗り名古屋に向かいました。直前から台風が近づき、空は厚い雲に覆われています。これまで新幹線に乗るたび曇りか雨で、途中富士山を拝むことが出来ずにいますが、今回も富士山は顔を出してくれませんでした。
12時ちょっと前、名古屋に到着。左側に見えるのがJRセントラルタワー。途中豊橋辺りで大雨になりましたが、雨は止んだものの名古屋も天気は曇り。
名古屋到着後、予定通りまずは熱田神宮へ。駅前の「辨天」で名古屋名物ひつまぶしを平らげ、さあ旅の始まりです。熱田神宮では自民党の立候補予定者の人が二人、出陣のお参り(?)をしていました。その内の一人は、刺客で話題になった料理研究家の女性の人でした。
熱田神宮を一回りした後、電車に乗って「トヨタ博物館」へ。途中、明日乗ることになる「リニモ」初乗りです。奥に愛地球博の「展覧車」と観覧車が見えます。
トヨタ博物館到着!この頃から本格的に雨が降り出しました。
トヨタ博物館はさすが1000円取るだけあって、かなりの数の車が展示されていますが、残念なのは本当の意味でのクラシックカーばかりで、私たち世代になじみのある60年代以降の車が少なかったこと。肩すかしを食らった気分でしたが、「ボンドカー」として採用されたこのトヨタ2000GTは大変綺麗で、行った甲斐があったなと思わせるものでした。
出口付近には、愛地球博にも登場する未来カー(?)が展示されていました。どうせ明日は見られませんので、ここでじっくり見ることにします。
トヨタ博物館の次は名古屋駅前のセントラルタワーへ。東山スカイタワーやテレビ塔も行きたかったのですが、名古屋一高いと言うことでセントラルタワーにしました。晴れていればもっと綺麗だったんでしょうけど、恨まない恨まない。名古屋城にはないはずのしゃちほこが。あれ、いつの間に戻ったの?
同じくセントラルタワー展望台より名古屋テレビ塔周辺。雨と共に初日は暮れていきました。
夕食は栄町の居酒屋にて。その数件隣に「王将」を発見してしまい、ついつい王将にも寄ってしまいました。餃子、美味かったなあ。
で、宿泊したホテルはテレビ塔もすぐ近く、栄駅のそばでした。


次へ(8月22日《愛地球博》)