乗鞍岳(2002.10.12)
乗鞍スカイラインは、標高1684mの平湯峠からはじまり、標高2702mの乗鞍岳畳平まで14.4kmを登る、日本で最も高いところを走る有料山岳道路だそうです。この乗鞍スカイラインが環境保護のため、今年限りでマイカー乗り入れ禁止となると聞き、紅葉狩りをかねて行くことにしました。

10月11日(金)夜10時、自宅を出発し、乗鞍を目指しました。首都高速は渋滞気味。調布辺りまでは混雑していましたが、中央道に乗る頃には渋滞も解消し、一路松本を目指しました。
途中、2回仮眠をして、松本に着いたのは翌12日(土)深夜2時過ぎごろだったでしょうか。そのまま車を上高地方面に進め、上高地手前で「乗鞍高原」方面に曲がり、乗鞍岳に至りました。当初の予定ではもう少し進んで安房トンネルから平湯に入り、そこで乗鞍スカイライン開門(朝7時)まで並んで待つことにしていたんですが、「乗鞍高原」の看板を見てついうっかり曲がってしまったのでした。道を間違えていることに気がつかず山道を延々進むにつれ、勾配は急に、道は細く、険しくなって行き、4時ごろ、ついに渋滞の最後尾にたどり着きました。実は乗鞍スカイラインとは反対側の「エコーライン」を進んでいたようで、まあ結果オーライでした。
もうこれ以上は前に進めないと言うことで車を降りたのですが、空一面の星空にただただ感動(T_T)。今日は天気もよさそうだ!と期待も膨らみます。7時のゲート開門までとりあえずは仮眠と思ったのですが、天の川やオリオンなど、冬の星空を見ているうちに、結局一睡もできず朝を迎えることとなりました。

写真をクリックすると、拡大してご覧いただけます。(ちょと重いです)
朝5時54分、まさか日の出を拝めるとは思っていなかったので、星空に続き、激感動。(T_T) 後で気がついたのですが、朝焼けの中に富士(真ん中)が浮かんでいました。 朝7時ゲート開門。しかし、畳平駐車場に入れたのは9時(T_T)。めげずに登山開始です。下は延々駐車場渋滞です(^^;。
10時前、「富士見岳」(2818m)着。かなたに富士が浮かんでいます。 登るにつれ、槍ヶ岳〜穂高の山々が姿を現してきました。 正午、山頂(剣ヶ峰3026m)に到着!遠くに御岳を望む。
山頂からの眺望。ただただうっとり、と行きたいところでしたが、登山客が多くて落ちつく暇もありません。 帰りは乗鞍スカイラインを降りて川湯方面へ。紅葉が素晴らしかったです。 乗鞍スカイライン途中の展望台。こうしてマイカーで途中下車できるのも今年限りです。

13日(日)へ