大山詣で

テレビで、東京から大山街道を歩き大山に登るという番組が有り、
登ってみたい衝動に駆られ、早速大山に向かいました。


小田急線伊勢原駅を降りて、神奈川中央交通バスに乗り約30分。ケーブルカーの入り口に到着です。当日は曇り時々晴れ。テレビで放送したからか、結構な数の登山客が集まっていました。まあ、自分も典型的なにわか大山詣で客なんですけど。
ケーブルカーには乗らず歩いて登山です。参道のような階段を登っていきます。
参道を抜けると階段が登山道となります。この階段が延々続いて結構きつかった。
こんな感じでどこまでも階段が続きます。コースは男坂と女坂の二つ。私はやはり男坂にしたのですが、女坂の方が楽だったかな。
大山は信仰の山。ケーブルカーのゴール付近に大山阿夫利神社の下社があります。ここも登山道の一つです。大山阿夫利神社の創建は紀元前97年だそうで、この辺からして既に神がかっております(^^;。
左が登り、右が下りと対面通行に分けられていました。登りは行列です。それだけ参拝客が多いのかも知れませんね。
登山道のあちこちで冬桜が咲いていました。
約3時間かかって頂上に到着。標高1252メートルだそうで、想像していたよりも高く、きつかったです。頂上は一面の曇りで下界がなかなか見えませんでした。見えれば、相模湾一帯が見渡せるようです。天気の関係もあったのか、頂上はとても寒くて、汗をかいた服が冷えてしまい、身体も冷えてしまいました。着替えは必須ですね。
頂上まで登って左膝が痛くなってしまったため、帰りはケーブルカーで降りました。


Scrapsへ