御岳山
2006.11.03

秋も深まりつつある11月初旬、奥多摩地方の御岳山を登ってみました。ちなみに、木曽地方にも御嶽山というのがあるんですね。

JR青梅線を「御嶽駅」で降ります。駅の名前は「御嶽」ですが、山は「御岳」、紛らわしいなあ。そこからバスに乗り約10分で、山の麓のケーブルカー乗り場に到着です。当日は天候も良く、多くの観光客で賑わっていました。
ケーブルカーで「御岳山駅」まで行き、そこからはリフトに乗り換えます。静かでいいですねぇ。
展望台に到着。標高882メートルらしいです。晴れれば筑波山も拝めると言うことですが、霞がかかって遠くは見られません。
山裾づたいに歩くと旅館が建ち並ぶ一帯が現れます。この先に「武蔵御嶽神社」があり、その参道のようになっているんですね。そう、神社は「御嶽」なんです。極めて紛らわしい。写真は民家と思われますが、茅葺きの屋根が素晴らしい。
これは別の家だったかな、屋根が苔むして、とてもいい雰囲気を醸しています。
まだ紅葉狩りには少し早かったですが、歩くほどに紅葉が深まってきました。
武蔵御嶽神社が見えてきました。
武蔵御嶽神社。
神社を出て、ちょっと山を下るように歩を進めますと、山草が豊かな自然散策路に入ります。
↑のアップ。
長尾平という、見晴らしの良いところに出ると、このように神社手前の旅館街が見えます。
早めに色づき始めたのを見つけてはパシリ。
日差しを浴びて輝いていました。
全体としてはいまいちなんですが(^^;。
更に歩きますと、岩石園と呼ばれるロックガーデンになります。これは天狗岩と呼ばれるものらしい。
おおお、まさに関東の奥入瀬渓流!と呼ぶべき渓流が見えてきました。紅葉でないのが残念ですが、石が苔むして、綺麗です。
水も綺麗で、東京の水とは思えません。
しかし、何故紅葉がないのだろう、まだちょっと早いのかなあ。
苔に覆われた巨大な岩。
道は渓流に沿って延々と続きます。
行き着く先にあったのが、綾広(あやひろ)の滝。
こんな感じで決して大きな滝ではありません。
引き続き歩き続けますと、神社に続く道に戻るようになります。グルッと円を描くように回っているようですね。そして見つけたのが「天狗の腰掛け」という名の付いた杉の木。
再び自然散策路に戻ってよーく見たらなんと寒桜が咲いているではありませんか。
登りはラクしちゃったから、下りはまじめに歩こう。なんて600円のケーブル代が惜しかったから、と言う説もあります。まあ、混んでいるのに並ぶのもいやだったんですが。と言う訳で歩いていたら、ケーブルカーの中間点に行き当たりました。オレンジ色のは「日出号」。
ブルーは「青空号」。のんびりテクテクと歩き続けること約1時間で、麓の駅までたどり着きました。しかし、下りは疲れますねー。ふくらはぎと膝が痛くて後遺症になってしまいました。

というわけで、御岳山は登るのを楽しむ山と言うよりは、頂上にある神社や自然散策路、更にはロックガーデンなどの東京ではなかなか見られない自然を楽しむ山だったんです。参道にあった手打ちそば屋さんもおいしかったなあ。又、花の多い春に来てみたいですね。

Scrapsへ