高尾山
(2006.09.03)

翌週からの北東北旅行に備え、足を鍛えるために都内の名山高尾山に昇ってみました。

京王線高尾山口を降りて、10分ほど歩くと高尾山の登山口が見えてきます。道路も整備されており、歩きやすそう。さすがは東京の山です。
高尾山には幾つかの登山コースがあるのですが、初心者の私は無難に恐らくは一番メジャーな「1番コース」から。
しばらくは舗装された道路だったのですが、しばらくするとこのような山道に。まあ、足のためにはこの方がいいのでしょう。
見上げれば高くそびえる杉の木がうっそうと茂っています。
時に上り、時に下りつづけ、頂上を目指します。
金比羅台と呼ばれる中継地点に到着。天気は良かったのですが、景色の方は今ひとつ。本当ならこちら側に都心の景色が見えるはずなのですが。
更に歩き続け、ケーブルカーの駅を通過します。ここまで来れば約半分か。
タコ杉。根本の形状がタコに似ているかららしいです。
浄心門。ここからまっすぐ進めば薬王院に行けますが、参拝は後回しにしてまずは登山です。と言うことで4号路に迂回。
傾斜は少ないですが、足下の悪い道を延々歩きます。
途中、こんなトカゲを発見。綺麗ですねぇ。
こんな風情のところも。
歩き続けて約1時間半。頂上に到着。想像していたのと全然違うのでややガッカリしました。岩場ばかりの頂上らしいものを想像していたのですが、広々とした広場でした。景色も全然良くなかった。。。
ガッカリするのは止めにして、せっかくだから御利益を、と下山しながらの薬王院参拝です。
こんな人たちも参拝しているのですね。
本来は登山しながらの参拝が正しいのでしょうか。このように登山するように参道が続いているのです。この後、サル園と併設されている薬草園に入りました。
下りは6号路から。
下山途中にあった、岩屋大師という祠。
高尾山駅に到着です。下りは1時間位でしょうか。このケーブルカーを使うと速いんですが。
高尾山駅全景。大きな山ではありませんでしたが、1日楽しめる、見所の多い山でした。観光客向けにコースも整備されていて、何度も来てみたくなりますね。又初夏の頃にでも行ってみたいと思います。

Scrapsへ