筑波山

自宅マンションからも見える筑波山。実家の鴻巣からも見える筑波山。横浜ランドマークタワーからも見えた筑波山。東京タワーからも見えた筑波山。百名山にも選ばれる名山であり、関東に住む私たちにも身近な山なのに、なぜか今まで登ったことがありませんでしたので、秋のある日、山頂に挑んでみました。

車で上っていき、料金所を過ぎるとこのつつじヶ丘公園無料駐車場にたどり着きます。標高は542メートルとか。頂上が877メートルとのことですので、標高差335メートル。左上の方に見えるのが山頂で、奥が男体山、手前が女体山です。ロープウェイもありますが、当然今日は歩きです。

どこまでも登山道が続きます。ロープウェイに乗らなかったことをチョトだけ後悔しています。

登山道はうっそうと茂った森林地帯に入りました。
登山道の名物らしい、名前の付いた岩が沢山ありました。これは、「弁慶七戻り」。
「母の胎内潜り」
「出船入船」
名前調査漏れ。祠の中にはハム太郎がいました(^^;。
「北斗岩」
頂上が近づくにつれ、登山道は急勾配になっていきます。この日は天気も良かったので、体中既に汗だくです。
登り初めて約2時間で頂上到着!この日はあちこちで野焼きをやっていて、天気の割には視界が良くなかったです。右側に見えるのが男体山。
眼下に見下ろす関東平野。空気がきれいならもっと遠く彼方まで見えるんでしょうねぇ。
山登りのご褒美はきれいな空気とこの景色ですね。登って良かった、と実感。
今度は、女体山から男体山に向かいます。途中にあった、「ガマ石」。
男体山山頂に到着。こちらは女体山に比べてちょっと低い。

次へ(筑波山の野草)

Scrapへ