history

第2部 レースの時代

スカイラインGT】【3代目スカイライン】【スカイラインGT-R(初代)


スカイラインGT
(S54A−1型)
1964年5月 発売

1988CC 125馬力

(画像はS54-B型)

スカイラインGTは、5月に行われる第2回日本グランプリのGTカーレースのために発売されました。
この車が生まれた背景には、第1回日本グランプリでのプリンス惨敗があります。前年の1963年、鈴鹿サーキットで開催されたこのグランプリにおいて、プリンスはグロリアとスカイラインを送り込むも、トヨタ、いすゞ、日産に太刀打ちできず、グロリアでようやく9位という惨めな結果に終わりました。この惨敗にスタッフは奮起、レースに勝てる車で次のグランプリに挑むことになったのです。
新型スカイラインのエンジンでは力不足ということで、当時のグロリアの6気筒エンジンを積み込むこととなりました。しかし、いかんせんエンジンマウントが狭い。そこで、ボディを20センチ延長させ、無理矢理6気筒エンジンを乗せることになりました。信じられないような話ですが、当時はこんな技も通用したのですね。今では伝説となっている逸話です。
チーフ桜井真一郎率いるプリンスチームは7台のスカイラインGTを揃え、グランプリに万全の体制で備えていました。優勝はほぼ手中に納めたと、だれも感じていたほどでしたが、思わぬ誤算がありました。
レース直前にアマチュアレーサー式場壮吉がレーシングマシンポルシェ904によりレースに参戦して来たのです。
予選中にクラッシュ、応急修理でのスタートとなったポルシェはそれでも圧倒的な速さでレースをリードしましたが、レース中盤の7周め、周回遅れの車に躊躇したポルシェを、ずっと食い下がって来た生沢徹のスカイラインGTが捉え、ぬき去り、わずか1周ではありますがトップを走ったのです。
この瞬間、観客は熱狂し総立となりました。ポルシェとの戦いで、プリンスはレーシングマシン開発の必要性を痛感しました。こうして開発されたのが、スカイラインGT-Rを語る上で欠かせないR380です。

第2回日本グランプリにおいて、スカイラインGTはポルシェカレラ904GTSと互角の戦い(右写真)を演じ、総合2位に立ちました。日本のファミリーカーが世界を代表するレーシングカーを一時ではあるが抜いた、と言うドラマにカーファンは驚喜。活躍するスカイラインを東京新聞は「羊の皮を被った狼」と表現しました。「スカイライン神話」の始まりです。
レース以降、この車を買いたいと言う注文が殺到しましたが、あくまでレース用のマシンとしてホモロゲーションを取得するために100台しか作ってなく、一般にはほとんど販売されずじまいでした。
このスカイラインGT以降、6気筒エンジンを搭載するスカイライン車種にGTの名を冠する歴史が始まるのです。そしてファンはスカイラインのことをいつしか「スカG」と呼ぶようになりました。なお、日本でGTの名を冠した車はこれが初めてです。つまり、当時GTと言えば、スカGだったのです。


1965年2月 スカイライン2000GTを発売。
昨年のグランプリにおいて活躍した54A型にウエーバー製キャブレターを搭載。
125馬力を誇りました。
又、フロントディスクブレーキを採用、バッジも歴史の出発点と言える赤バッジの登場です。
NISSAN R-380

この年、プリンスは、ポルシェ904との戦いを教訓に開発されたR380によりグランプリ制覇を期しましたが、この年はグランプリが中止されてしまい、結局翌年(1966年)の富士スピードウエイにおける第3回グランプリに持ち越しとなります。

1965年9月
SKYLINE 2000 GT-B(後期型)
105馬力のエンジンを乗せたGT−A発売。
同時に2000GTはGT−Bと称されることになりました。
いわゆる、「54B」(ゴーヨンビー)の登場です。
54B型の「赤バッジ」に対し、「54A」型は「青バッジ」でした。
1966年5月 第3回日本グランプリでは、スポーツカーレースでR380が優勝、特殊ツーリングカーレースでスカイラインが優勝、プリンスの技術力を強烈にアピールしたのです。
1966年8月 プリンスは日産と合併します。
1967年5月 第4回日本グランプリでは、ポルシェにR380Uが善戦するも惜敗。しかし、グループ2ツーリングカーレースにおいては、スカイランがライバル不在の圧勝を遂げました。
1968年5月 第5回日本グランプリでは、トヨタの「トヨタ7」VS日産「R381」&「R380V」の戦いは、日産R381の勝利で終わり、日産は王者の地位を取り戻しました。しかし、ツーリングカーレースにおいて、ついにスカイランがトヨタ1600GTに破れてしまいました。他社も技術力を上げてきており、もはや5年前のボディでは勝てなくなっていたのです。しかし、日産は新型車の開発を着々と進めていました。

back.gif (462 バイト)

3代目スカイライン
(C10型)
1968年7月発売

1968年9月 2000GT
(GC10)発売
1998CC 105馬力。

日産は、ついにスカイラインのフルモデルチェンジを行いました。「日産」として初めてのスカイラインであり、歴史に残るL20型エンジンを搭載しての登場でした。
C10系は「愛のスカイライン」として親しまれました。そして、ファミリーユースとスポーツ性の両立させるという開発コンセプトを見事に昇華し、より快適なグランツーリスモ(GTカー)へと成長しました。

ボディに流れる独特のラインは「サーフィンライン」と呼ばれ、スカイラインのシンボルとなります。

back

スカイライン2000GT−R
(PGC10型)

1969年2月発売
1989CC 160馬力

スペックはこちら

1964年グランプリでポルシェに敗北した雪辱をはらすために開発された、レーシングマシンR380に搭載されていたGR8型エンジンの仕組みを生かし、量産化されたエンジンS20型エンジンを積んでデビューしたのがGT−Rです。
66年、67年と日本グランプリを制してGTカーとしての地位を不動にしたものの、翌68年にはトヨタ1600GTに敗北。日産はレースに勝てるスカイランの開発を進めていたのです。
GT−Rはレースで勝つためのマシンであり、「R」はレースを意味していました。GT−Rというグレードはレースのためのベース車であり、単なる市販車の1バージョンではないのです。ここが他社が付ける「R」とは根本的に異なるところです。

GT−Rに搭載されたS20型の最大の特徴は、4バルブDOHCであったことです。これは、6気筒エンジンとしては国産初のメカニズムでした。トヨタも「ツインカム」エンジンを採用してはいましたが、2バルブであり、メカニズムの複雑さはS20型に及びもつきません。ホンダも4バルブエンジンを採用した車を発売していましたが、せいぜい500CCから800CCまでの小型エンジンです。今では珍しくない4バルブDOHCも当時は大変少ないもので、S20型エンジンだけで1台車が買えたほど高価なものでもありました。そして、このエンジンは、GT−R専用でした。後にフェアレディZ432にも搭載されることにはなりますが、エンジンまで専用に開発する、この思想がGT−Rの「R」たるゆえんです。

なお、S20型はR380に搭載されたGR8型の「ディチューン」版という言い方を良く耳にしますが、正確な言い方ではありません。エンジンそのものは全く別物だからです。

50wins
レースシーン

こうしてGT−Rによる活躍、栄光の50勝に向けての神話が始まるのです。

GT−Rはデビュー戦において辛勝、その後は順調に勝ち星を重ね、快進撃を続け、1972年3月に50勝目を上げます(後述)。GT−Rは「勝って当たり前、負ければニュースになる」とまで言われたのです。双葉山みたいなものですね。
尚、時々「50連勝」と言うのを見かけますが、「連勝」は49までで、一戦負けた次のレースで勝ち、50勝となったのです。


1970年10月 ハードトップ追加。(KPGC10)
GT−Rはハードトップのみとなります。

「ハートのあるハードトップ」をキャッチコピーにしていました。
ハードトップの採用に伴い、ホイールベースは70ミリ短縮、これによりコーナリング性能も向上し、レースにおけるアドバンテージとなりました。(スペックはこちら

1971年9月  ハードトップ2000GT−X
発売  (130馬力)

記念すべき第一回カーオブザイヤーを受賞しました。
1972年3月 70年に、ファミリアによりレースに参入してきた東洋工業(マツダ)は、その後カペラ、サバンナRX−3を投入し、力を付けてきました。1971年12月に開催された第6回富士ツーリスト・トロフィーレースでは、サバンナに敗退、連勝は49までとなりました。
しかし翌年3月20日、、富士グランチャンピオンシリーズ第1戦においては、暴風雨の荒れ狂う中、GT−Rと、トヨタ1600GTとサバンナが入り乱れての戦いとなりました。しかし、高橋国光駆るゼッケン15番ラインがブルーのGT−Rは、風雨をものともせず勝利。このレースでついに50勝を飾るのです。
このころになると、GT−Rは足周りの良さとドライバーの腕では勝るも、パワーの面ではロータリーに追いつかれていたようです。
1972年5月 富士スピードウエイで開催された日本グランプリにおけるツーリングカーレースにおいて、サバンナ・カペラを投入してきたロータリー勢にGT−Rは完敗。その後も、勝利を収めることもありましたが、苦戦を強いられ、10月10日のレースでロータリー勢の後塵を拝して以降、日産はワークス参戦を断念したのです。

back

buttonback buttonnext

第3部は「排ガス規制の時代」です。