NISSAN GT-R CONCEPT

in

TOKYO MOTOR SHOW 2001


2001年10月27日〜11月7日にかけ、2年に一度の(自家用)車の祭典、東京モーターショーが開催されました。

今年のモーターショー最大の話題は「フェアレディZ」最終プロトタイプの展示でした。来春の発売に向け、細部が詰められたエキセントリックなボディは、前評判も上々。モーターショーの主役(ちょっと手前味噌)の座を約束されていました。フタを開けてみるまでは。。。

そして、モーターショー初日(プレス公開)の話題が、翌日の新聞各紙に掲載されました。その新聞記事に添えられた一枚の写真で、われわれは、モーターショーの主役(やはり手前味噌)が入れ替わったことを知ったのです。

そうです。「日産GT-Rコンセプト」が展示されていたのです。事前情報は全くなく、モーターショーガイドなどの雑誌にも全く掲載されていなかったこの車が、プレスの、そしてカーファンの話題を独り占めすることになってしまったのです。


フロントビュー。何と言っても奇抜すぎるフロントグリルに圧倒されます。フロントホイールハウスもいかついことこの上なし。  サイド〜リアビュー。BピラーからCピラーに流れるラインが美しい(実用的ではなさそう)。

車内の様子。バケットシートのホールドはどうなのでしょう。それよりビックリするのは後部座席(写真右下)。ロールバーのようなつっかえ棒が2本あるのです。この実用性を無視したデザイン!シフトはF1チックなセミオートマという情報が。

お次は、legauiさんの提供の写真です。

日産の公式モーターショーカタログから。。

GT-Rのトップページに戻る