ノスタルジックカーショー2004
2004年5月22日、1960年代から70年代に活躍したスポーツカーを中心とした車の祭典「ノスタルジックカーショー2004」が、東京ビッグサイトで開催されました。どの車も30〜40年前の車とは思えない位、ピカピカにレストアされ、オールドファンを魅了していました。オールドファンに紛れて、子供や若者も目を輝かせていたのが印象的でした。
入り口。会場時間前に並び、前から3番目をゲット! 会場!まず先に目に飛び込んだのが幻のトヨタ2000GT! そして伝説のケンメリGT-R!

続いて初代スカイラインGT-R ホンダS600 フェアレディ2000

更にトヨタスポーツ800 フェアレディZ コスモスポーツ

ギャランGT-O MR トヨタ1600GT フェアレディ240Z−G
とまあ、息つく暇もありません。

スカイラインGT-R ずらーっと並ぶGT-R ほぼ完璧にオリジナルなGT-R

GT-Rのリアビュー その心臓部。ピカピカです。 車内。ハンドルはダットサンスポーツタイプに交換されていました。

ケンメリGT-R。買ったときのまんまという感じでした。 車内もこの通りピカピカ。
お値段も700万円台!
幻のケンメリGT-Rレーシング仕様。本物かなあ。

買い物コーナーは、ミニカーや旧車の部品などマニアックな物ばかり。 なんとウルトラセブンのポインター号!アンヌ隊員も。(^^; 幻のトヨタ2000GTが6台も!

外車コーナー。ランボルギーニミウラ カウンタック フェラーリ512BBボクサー

私の大好きなフェラーリディーノ ミウラのレッド。やはりミウラはレッドです。 フェラーリF40とコンパニオンさん達。

屋外に展示されていたフェアレディZ セリカGT カローラレビン
と言うことで四方八方がかつてあこがれた名車ばかりで、私にはとても幸せなひとときでした。こんな車も欲しいなあ、と思うのですが、経済的事情と後のメンテナンスを考えるととてもとても。私にとってはいつまでも憧れなのかも知れません。

GT-Rのトップに戻る